山うどをはじめ天然の山菜、きのこ、良質な野菜、果物を「食の都 庄内」からお届けします!!
  かぐや姫プランツ   MyPageログイン
「食の都 庄内」の特産品を全国にお届けします 電話でのお問い合わせは 0235−57−5331
登録商標:(かぐや姫プランツ メールでのお問い合わせはこちら
サイトマップ 道ばた写真集 農の達人一覧   庄内の山人たち
トップ 山菜 やまうど
 
 山 う ど
別 名 : クサダラ、ケウド、マコウド
 2018年予約受付を開始しました!!

 山うど、通にはたまらない独特の香気と強いアク、霊峰月山の恵み

  やまうどは、昔から食用、薬用ともに大いに活用されてきました。しかし、それも若い内で、あとはひたすら大きくなるだけで、何の役にもたたないことから、”ウドの大木”ということわざのように不名誉な言い方がされています。うどの大木といわれるように生長すると2mにも達するウコギ科の多年草で、全国の山地に自生します。やまうどは、春の雪解けの土にいち早く若芽を出します。
 ウド(独活)の名前の由来は、茎が生育すると中空になるので宇登呂(うどろ)と呼び、それからウドとなったと言われています。
 天然のやまうどは、独特の香気があり、アクの強いくせのある山菜で、栽培物の白くて太い「やまうど」とは大きな違いがあります。やまうどの採りたてをナイフで切って生のまま味噌をつけて食べるのは、アクもなく、甘くて、香りも良く最高です。
 ウドは新芽が食べられるタラノキの仲間であり、タラノキと違い土から生えてくるのでツチタラという古名があります。

 
薬  用  利  用 
採取・調整  秋に根茎を掘り採り、水洗いして薄く切片状にして、3日〜4日間天日乾燥後、風通しの良い場所で陰干しにして十分乾燥させます。
 天日乾燥でできた茎や根を生薬では、九眼独活(きゅうがんどっかつ)といいます。
薬 効   発汗、解熱、鎮痛薬として風邪、頭痛、歯痛、神経痛などに用います。 
使用方法   使用方法は、独活10〜15gを500ccの水に入れて煎じます。水が約半分になるまで弱火で煮詰めます。これを1日に用いる量として、食前か食後に3回に分けて服用します。
 ウドの茎と根を絞った生汁を、1日20〜30cc分飲み、精神不安、分裂症および強壮剤として用います。
◇ 独活酒
 10月〜11月にウドの根を採取し、実は10月頃に採ります。根は水洗いして3pくらいに刻んで半乾きにしもの500gと砂糖100〜200gを、ホワイトリッカー1.8gに漬けます。3ヶ月ほど冷暗所で熟成後、布でこすと淡黄色の独活酒となります。
 独活酒は、補精、強壮に効果があるとされます。
 
 薬用植物のページはこちら
山うどの採取 
採取した山うど
山うど  

300g 1,296(消費税96円)
 
   
2kg 8,100(消費税600円)
 
FAXでのご注文はこちら
メールでのご注文はこちら
山うど
山うど塩漬けはこちら
※ お届けは4月下旬以降となります 
   
うど採りをする渡辺幸任の動画 
 

https://www.youtube.com/watch?v=Gol3Ura7ug4 

 
   
山うど 
山うど
山うど 
 
おいしい食べ方
1.やまうどの天ぷら
 
生のままのうどの先端の柔らかい部分や葉のところに、薄めに衣をつけて揚げます。
 天つゆでもいけますが、塩をつけて食べるのも格別です。

2.やまうどのサラダ
 
うどの皮をむいて乱切りし、酢を少し加えた水に5分ほどさらします。酢味噌やマヨネーズ、ドレッシングで、そのまま食べても良べるか、他の食材と混ぜて本格的なサラダに仕上げることもできます。

3.やまうどの汁の具
 
うどを薄くスライスし、味噌汁の具として用いることができます。

                       
田舎の味噌はこちら
 
 
   
やまうど やまうどの収穫風景
お届けの山うどイメージ   やまうどの収穫風景
 
 
採取時期                                                 
山菜名\月 3  月 4  月 5  月 6  月 7  月
やまうど
 山菜採取時期はこちら
 



商    品    詳    細
保 存 方 法 冷蔵庫で保存
賞 味 期 限 お早めにお召し上がり下さい
内  容  量 300g
お届け方法 クール便
備    考

収穫時期が同じ商品を数種類まとめてご注文頂いた場合でも、別送になることがあります。この場合には、その分送料が必要になりますので、ご了承下さい。

発送料金表 (消費税別途)
地 域 宅配
クール便
東北・関東・信越 1000円
中部・北陸 1100円
北海道・関西 1200円
中国・四国 1300円
九  州 1400円
沖  縄 1600円
※ NP後払いの場合は205円が、
代金引換え、コンビニ払いの場合は324円が、
手数料としてお客様のご負担となります
     
 
 食 庄内の恵み【庄内の恵み屋】HOMEへ 
ふきのとう 山 菜
クリンソウ 山野草
さくらんぼ さくらんぼ
だだちゃ豆 白山だだちゃ
なめこ きのこ
豊水 果 物
庄内米 庄内米
銀杏 木の実
あつみかぶら 漬け物
民田なす 特産野菜
干しぜんまい 干し物
もち・たわらゆき も ち
蕎麦・出羽かおり そば・うどん
薬 草
薬用植物
加工品
 
ショップ情報

「食の都 庄内」の特産品を全国にお届けします

〒997-0011 山形県鶴岡市宝田1丁目9-73 TEL:0235-29-2150 FAX:0235-23-9762
   
代金引換
(電子マネー決済)
コンビニ支払い 
コンビニ支払い
あんしんクレジットカード決済システム NP後払い
銀行振込
郵便振替 
『食の安全・安心研究会』 事務局  『庄内資源有効利用研究会』 事務局 『庄内菜の花の会』 会員
             | 特定商法取引法に関する記述 |     壁紙