庄内薬草薬酒の会 庄内薬草薬酒の会事務局 0235−57−5331
          
庄内の恵み屋 トップ 薬 酒
薬 酒

薬草・生薬の力を酒でパワーアップ
薬酒は、酒に薬草や生薬を浸して熟成させた混成酒(リキュール・果実酒)を指します。
酒そのものにもあるとされます健康増進の効用に
薬草の持つ種々の力を加え相乗効果が得られるようにしたものです。
  
サルノコシカケ酒
サルノコシカケ酒
(詳細を見る)
またたび酒
またたび酒
(詳細を見る)
ナルコユリ酒
ナルコユリ酒
(詳細を見る)
あけび酒
あけび酒
(詳細を見る)
アマドコロ酒
アマドコロ酒
(詳細を見る) 
ハナビラタケ酒
ハナビラタケ酒
(詳細を見る)
       
 
 
庄内薬草薬酒の会  

薬草・薬酒を楽しみ健康で暮らすため
庄内薬草薬酒の会ができました。
会の趣旨に賛同されます会員を募集しています。

 
「庄内薬草薬酒の会」の会則

庄内薬草薬草の会会則

(名        称)
第1条  本会は、庄内薬草薬酒の会と称する。 

(事 務 所)
第2条  本会の事務所は、山形県鶴岡市宝田1丁目9番73号に置く。 

(目的及び組織)
第3条  本会は、薬草・薬酒を通して、会員相互の親睦と薬草・薬酒の知識を深めることを目的とする。 

(事        業)
第4条  本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)  薬草・薬酒に関する研修会を開催すること。
(2)  薬草・薬酒づくりを行うこと。
(3)  薬草・薬酒に関するイベント等に参加すること。
(4)  その他、目的を達成するために必要なこと。 

(役        員)
第5条  本会に次の役員をおく。
                名、    副会長      若干名、    会計  1 名 

(役員の選出)
第6条  会長・副会長・会計は、総会において選出する。
2 会長および副会長は、会員の互選とする。 

(役員の任期)
第7条  役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 役員は、任期終了後でも後任者が就任するまではその職務を行わなければならない。 

(役員の任務)
第8条  会長は、本会を代表して会務を掌る。
2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは職務を代理する。
3 会計は、本会の会計を担う。 

(経 費 等)
第9条  本会の経費は、会費・助成金・寄付金その他の収入をもってあてる。
2 会費は、会員ごとに年額1,000円とし、毎年4月末日までに納入するものとする。ただし、会長が特別の事由により会費納入の遅延を許可する場合はこれを妨げない。 

(事業年度)
第10条  本会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。 

(そ の 他)
第11条  この会則の施行にあたり必要な事項は会長が会員にはかり別に定める。 

   附     

 本会則は、平成28年8月1日より施行する。 

 


「庄内薬草薬酒の会」会則に同意し会員登録をします


1.お 名 前     
2.メールアドレス     
3.郵便番号
4.ご 住 所
5.お電話番号      
6.特記事項
  (ご自由に記載下さい)  
 
 
※ 後程ご連絡します会員登録受付メールで会員ページログイン用のパスワードをご連絡致します。 
 

yakushyu01.htmlへのリンク

yakushyu01.htmlへのリンク

yakushyu02.htmlへのリンク

yakushyu03.htmlへのリンク

yakushyu04.htmlへのリンク

yakushyu05.htmlへのリンク

yakushyu06.htmlへのリンク

yakushyu07.htmlへのリンク

yakushyu08.htmlへのリンク

yakushyu09.htmlへのリンク

yakushyu10.htmlへのリンク

yakushyu11.htmlへのリンク