食の都 庄内 』の山・里・海の恵みの通販サイト 【 庄内の恵み屋 】
農業生産法人
 
庄内野の風ファーム株式会社
| HOME  | 農の達人 | 庄内の山人 | 会社概要  | お問い合わせ  |
すべてのカテゴリ 庄内米  | 山菜  | 果物・木の実  | 地野菜  | きのこ  | 山野草・山菜苗  | もち・そば  | 干物・漬物  | 水産物 | 加工品

庄内の恵み屋トップ    山菜   とろろすみれ       
  カテゴリから選ぶ 
 とろろすみれ
2018年の受付を開始しました!!

 とろろすみれ、料理のアクセントの添え物に酢の物としい珍品

 とろろすみれ(スミレサイシン)は、スミレ科の多年草で、山地の林の縁や木漏れ日が差し込むような林床、谷際、雪が解けた道ばたなどの湿り気のある草地に群生する。
 日本は「スミレ大国」とも呼ばれるほど、自生するものは多く、60種類以上もの品種が発見されている。和名の「菫」は、大工が使う「墨入れ」に花の形が似ているところからきたといわれるが、確証となるものはない。地方名も多く、数え上げたらきりがない。
 とろろすみれの太くて長い根は、おろして食べると、とろろと同じようなのでこの名がついたものと思われます。
 
とろろすみれ  
50g 1,296(消費税96円)
 
FAXでのご注文はこちら
メールでのご注文はこちら
 
山野草:とろろすみれはこちら
とろろすみれ   
   
 ※ お届けは5月上旬以降となります
 
食べ方

 とろろすみれは、春に、花と葉を摘み取りますが、葉は秋まで利用できます。さっとゆがいて水にさらし、おひたしや和え物とします。特に花は熱湯にくぐらせるだけでよいです。とろろすみれの花は酢の物や椀だねとして利用できます。また、生のまま料理に添えてあしらいにできます。
 とろろすみれの葉は生のまま天ぷらとしますが、揚げすぎないようにします。
 地方では茎(根といっています)をたたいて「とろろ」にして食べています。味付けはだし汁か塩味です。
 
 
 
 
採取時期                                                 
山菜名\月 3  月 4  月 5  月 6  月 7  月
とろろすみれ
 山菜採取時期はこちら
 
 
  ショップ情報 
   お支払いについて     お届けについて  
  クレジットカード  
あんしんクレジットカード決済システム 

コンビニ
 コンビニ払い

代金引換

NP後払い

銀行振込 (前払い)

郵便振込 (前払い)

               
 
ヤマト運輸  
 クロネコヤマト、日本郵便でお届けします
ヤマト運輸時間指定 
 
    お問い合わせ   
    有限会社 庄内の恵み屋
〒997-0801 山形県鶴岡市東原町9番12号


◆ネットショップへのお問い合わせ
 
0235-57-5331 (平日 9:00~15:00まで)


メールでのお問い合わせ
 wk@smegumi.co.jp 
           
  

土,日,祝日は電話対応が終日お休みとなります

※お電話でのお問い合わせは、混み合う場合や現場作業で不在となることが多いですので、お急ぎのお客様は、メールでご連絡くださいませ。
メールのお問い合わせは、なるべく早めにお返事させていただきます。
         

    
 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   送料について    
 
発送料金表 (消費税別途)
地 域 宅配
クール便
東北・関東・信越 1000円
中部・北陸 1100円
北海道・関西 1200円
中国・四国 1300円
九  州 1400円
沖  縄 1600円
※ NP後払いの場合は205円が、
代金引換え、コンビニ払いの場合は324円が、
手数料としてお客様のご負担となります
 
   
     
     
     
     
     
     
         
copyright 2004~2018  庄内の恵み屋 all rights reserved