庄内の恵み屋 食の都 ”庄 内” から 豊かな農産物と水産物、天然の山もの をお届けします!!
山 菜 山野草 さくらんぼ だだちゃ豆 和 梨 お 米 庄内柿 きのこ 野 菜 漬け物 果 樹
トップだだちゃ豆>茹で方

だだちゃ豆の茹で方
だだちゃ豆
1.洗い桶にだだちゃ豆を入れ、すこし少なめの水で豆をゴシゴシ強くこすり、毛を洗います。
   (茶毛が取り除かれた方が、茹で上がりの色がきれいです)
2.ざるにだだちゃ豆を上げて、水気を切ります。

3.大鍋に豆の量の約3倍の水を入れ、沸騰させ塩を少々加えます。
4.沸騰したお湯の中に豆を入れ、強火で一気に茹で上げます。
   お湯の上に浮いた豆は箸でお湯の中に沈めます。
  (浮いたままの豆は、茹で上がりの色が良くありません)

  ※ 茹でるときにフタをする人、しない人に分かれます。どちらにも言い分があるようです。
だだちゃ豆 5.煮立ってから3分くらいで、さやが少し割れ茹で上がり加減になったら、豆を食べてみて堅さ具
   合を試してみるのが確かのようです。
   少し堅めに茹でたほうが美味しいです。
 6.素早くザルにあげ、できるだけ早く一気に冷まします。うちわや扇風機などを利用するのも良い
   でしょう。

   ※ 一度に大量に茹でたり、食べるまでに冷ます時間がない場合は、水で一気に冷やす人もいます。
 7.塩をふって出来上がりです。 

 
小枝付き だだちゃ豆
小枝付 だだちゃ豆

※ だだちゃ豆を小枝付きでお届けする理由

 1.鮮度を保つため
 
  
・さやのみのお届けに較べて、少しでも鮮度保つためです。

 
2.甘みを増すため

  
・小枝付きで茹でた場合、さやのみより甘みが増すと言われています。

 だだちゃ豆を小枝付きでお届けすることは、枝豆の生育具合がよく分かります。
 また、機械で処理するよりも多くの人手がかかります。
 このため、一般的にはさやのみの販売になっています。



Home お問い合わせ リンク
はじめてのお客様 お買い物方法 お支払方法 特定商取引法の表記 個人情報の保護